梅酒ジャム    梅しごと の しあげ

a0216825_20441752.jpg

去年の梅を梅酒につけた、そのさいごのシアゲというかんじでしょうか。
また来月には コトシの梅しごとが始まりますので
梅酒のビンもそれように準備しなくてなりません。
漬けあがった梅酒は 
それぞれウイスキーのアキビンや日本酒のアキビンなどに移しかえて、
のこった梅で梅酒ジャムを炊きます。
そして 梅酒のビンをカラにして 洗って干して
コトシの梅酒を漬けます。

大なべに梅をいれて、ひたひたの水をいれて ゆっくり煮たてると
すぐに梅の腹がわれてきます。
そうなったら 火をとめて
別のナベに粗めのザルをおいて
梅をすこしずつ、穴あきお玉ででも移しいれます。
おしゃもじのようなもので ザルにうつした梅をかきまわすと
やわらかくなっている梅の果肉は ザルの下のナベにおち、
タネはゴロゴロとザルにのこります。
タネは、わたしは捨ててしまいます。
イチドにたくさんすると手が痛くなるので
すこしずつ裏ごししたほうが効率もいいし、楽にキレイにできます。
ゼンブの梅を裏ごししたら、
砂糖をいれて 炊きます。
ネバリがつよく、こし餡のようなかんじになりますので、
ワキタツと噴火口の溶岩のように 小噴火をくりかえして とびちるので要注意です。

砂糖がとけて ぜんたいに火がとおれば 出来上がりデス。

梅酒のビン3本に それぞれ1㎏から1.2㎏の梅をいれていたので
合計3.4㎏の梅を裏ごしして、2.6㎏(タネとetcで 約800g)
梅酒にも氷砂糖をいれてあるので
ジャムの砂糖は700gほどいれました。
あまりひかえめにすると、梅のシブミというか ニガミがでてしまうので
ある程度、アマミはあったほうがいいようにオモイマス。

このジャムは お好きな方は ほんとに待ちわびてくださいます。
母の友人の 御歳を召されたご婦人がオフタリほど、
このジャムをたいへん好まれまして
こんなに美味しいモノはないと、過度のホメコトバをいただきます。
たぶん、クエン酸やらいろいろ梅の薬効がいっぱい詰まっているので
疲労回復やら、血液サラサラやら、いろいろ効能があるのでしょう。
なにやら、きっとカラダがその薬効をモトメテいっらっしゃるのではないかとおもわれるほどの
ジンジョウではないような 喜ばれかたをしていただいて、
おほめにあずかります。

こんな廃物利用のようなモノを喜んでいただいて ありがたく。
わたしはマイトシ、せっせと梅酒の梅を裏ごしします。
できるだけ テイネイに、すこしでも上達するといいなぁとココロガケマス。

チイサナビンに 2ビンほど ジブンチ用に残して
あとはゼンブ、そのオフタリやら 
ほかのカタガタやらに差しあげてしまいます。
喜んでいただけるというのが ナニヨリです。

あと、3㎏ほどありますので もうイッカイ大なべに炊いて
コトシの梅酒ジャムづくりはおしまいです。

6月にはいると今度は コトシの梅をつけこむ用意をして
コトシの梅しごとがはじまります。

去年のいまごろは1年先のことなど想像もデキマセンデシタ。
こんなチイサナ、くらしのイトナミを 
コトシもできたことがありがたい、、、と
1年前の記事をみて ココロからそうオモイマス。




[PR]
by utukusiimono | 2012-05-01 20:47 | 食物

朝日が隣のマンションの窓ガラスに反射して向かいの御家の窓に反射してウチのドアスコープにピンポイント。そして玄関の壁に虹ができた。キセキのようなウツクシイモノ。


by magata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30