ロウソク立て 。。。 かなぁ。

a0216825_2039240.jpg

ネパールのモノということですが
そんなに古いモノではありません。
ただ、このフゼイにひかれてしまいました。
持ち運びをするようにつくられているとオモイマス。
ネジをゆるめると
蓮の花がひらくように花弁がヒラキマス。
ネジをしめると
ツボミのようにとじてシマイマス。


ドウヤッテコウイウモノヲミツケテクルンデショウ。。。

たぶん、ロウソク立てだろうとおもうのですが
さだかではありません。
イチバンそこのところ、土台は亀です。
意味があるとはオモイマス。
この大地を亀がささえているという神話を持つ国がたしかアリマシタ。

コーン型の香をおく、御香たてにもなりますが、
持ち運ぶということの意味がもうひとつよくわかりません。
さまざまな祈りの場を巡礼のように行きかって
そのつど灯明をあげたのでしょうか。
それとも御香をたいたのでしょうか。

あるいは 生活の場で、
ささやかな灯りとしてつかわれていたのでしょうか。
旅のような暮らしのなかで
陽がおちて 眠るまでのイットキの灯りをともす道具。

ネジで開け閉めするというのが
御国柄という気がシマス。

友人がどこかのオミヤゲにくれた ことりのカタチのロウソクをともしてみて、
やはり このカタチは灯りがともってこそ、
ウツクシイようにつくられているようにもオモイマス。
[PR]
by utukusiimono | 2012-05-21 20:39 | 古いもの・古びたもの

朝日が隣のマンションの窓ガラスに反射して向かいの御家の窓に反射してウチのドアスコープにピンポイント。そして玄関の壁に虹ができた。キセキのようなウツクシイモノ。


by magata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30