秋 の 陽 

a0216825_2339627.jpg

去年の今頃、父のグアイがわるくなって
夜、かかっていた病院に運び込みことがタビタビありました。

導尿管をつけるようになって
雑菌がはいると ガクガクと大きな震えをともなう高熱がおそってきて
ワタシが職場から車でかけつけるまでの10分、15分がぎりぎりの時間で
とうの父も、病院に電話をして用意のカバンを手に待つ母も
駆けつけるワタシも 毎日が真剣勝負のような日々でした。
もう、1年たつんだなぁ。。。


この秋、
ワタシの血の繋がる唯一の姪、
弟の一人娘が 名古屋で教職に就くことがキマリマシタ。

ジッチャンが聞いたら
喜んだろうになぁ。。。と、オモイマス。

ヒトにモノを教えることが上手な父でした。
昭和4年生まれで
終戦のときに16歳の6人兄弟の長男で
最終学歴は中学校でした。
大学というモノに行ってみたいといって
通信制のNHK学園の高校を出て
近畿大学の聴講生になったんじゃないかなぁ。。

でも大学はあまりオモシロイとこではなかったみたい。
NHK学園は ケッコウいろんな人と知り合ってオモシロカッタみたいだけど。

JRを退職して、日本電設にいってJRの工事のほうの仕事をしてたんだけど
また、JRに呼び戻されて、
最後のころは ずっと、JRの研修所の講師をしていました。
生徒はみんな、大学出てJRに入ってきたヒトタチで
77歳か78歳ぐらいまで教えていたんじゃないかなぁ。。。

パワーポイントで アニメーションを動かして見せてくれたりしたことがアリマシタ。
パソコンで分からないことがあると
入社してきたばかりの若いヒトに
「これ、教えてくれ」って気軽にきいて、
最新のパソコンのソフトとか使いこなしていた。

もちろん、そのソフトを使って教える内容はJRの技術で、
入社してきた大学卒業者や大学院卒業者を
現場でつかえるように養成する仕事だったんだとオモウ。
すごいことしてたんだなぁ。。。と、オモイマス。
ガンバリヤデシタ。

ワタシは教えるということが すごくヘタで
自分の子どもに、小学校入るまえに名前を書くことを教えるのもできなかった。
ワタシが癇癪おこすから、
子どもたちは結局、自分でおぼえたみたいデス。

息子は父とおなじで 教えるのがジョウズ。
妹や友だちにも ジョウズに教えるから
小学生のころから、重宝がられていた。
教職にはつかなかったけど、彼の特技として生涯役立つとオモイマス。


「ジッチャン、早紀がセンセイになるよ。」

・・・・・
・・・・
夏をこした去年の冬のシクラメンにツボミがつきました。
花束から生き延びた ティーリーフもしっかり育っています。
ミニミニ薔薇も花ざかり。
教えるのはヘタだけど、
植物は育てられる。^^;
だれでも得意分野がアルモンダァ~♪

今日は
栗をいっぱいいれたパウンドケーキを焼いて
冬布団を干して
・・・
秋の陽

・・・・・



 
[PR]
by utukusiimono | 2013-10-14 23:44 | 植物

朝日が隣のマンションの窓ガラスに反射して向かいの御家の窓に反射してウチのドアスコープにピンポイント。そして玄関の壁に虹ができた。キセキのようなウツクシイモノ。


by magata
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31