踊る母。。日本民謡研究会。。。なでしこ柄の浴衣です。

a0216825_23432269.jpg
私が20歳のころ、いやもっと前からだったか
母の友人がこの民謡踊りの師範先生で
母は近所の友達と一緒に民謡踊りを習い始めました。
その頃40歳ぐらいだったのかなぁ。。
そのころ私は自分のことで精一杯で母のことはよく覚えていないのですが
それから現在79歳まで40年ぐらい踊り続けています。
自分も師範になってお教室を持って教え始めたのが30年ぐらい前です。
4つ5つぐらい教室を持って教えていたけれど
だんだんお弟子さんも高齢になり
人数が減った教室を足して一つにしたりまた増えたりしながら
今も2箇所で教えています。
お弟子さんの人数はすっかり減りましたが、
自分自身も大阪支部の師範会に土曜日、月に何回かは出かけて行きますし
大阪支部の発表会や本部の発表会にも出かけて行きます。
10年ほど前までは自分たちの会の発表会もやってました。
家族総出で、父も裏方で手伝いましたし
私はもちろん孫たちも小学生ぐらいからは手伝ってました。
夏は地域の夏祭りの盆踊りのお手伝いの依頼が毎週のようにあって
土曜日はいそがしい。
秋は、民謡のお唄の会の発表会がいろいろあって
そこに呼ばれて踊ります。唄だけだと単調になるので彩りに?!
春は、たしか自分たちの支部や本部の発表会。
結局年中踊っています。

おかげさまで元気でいてくれて
娘としては本当に有り難いです。
私は母に似てるなぁと思うところもあるにはあるのですが
やはり父に似てるところのほうが多くて
最近では私の娘のほうが母に似てるところが目に付きます。
二人ともしっかり者で現実的でフランクでバランス感覚があります。
私とは似ていない。。^^

母を見ていて思うことは
私は母といい父といい愛情深い両親に恵まれたのだなぁということ。
母もまた愛情深い親に恵まれ、
父も親に可愛がられて育っています。
育った時代が戦争でしたし
早くに父親を亡くしたり
空襲や疎開や家族の病気などで貧乏したり苦労したりしてるけど
愛情に恵まれるというのはかけがえのないことなのだとつくづく思います。
できることなら母より長生きして
母をちゃんと見送りたい。^^
エヘ。










にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ
[PR]
by utukusiimono | 2016-08-01 00:13 | 日々のこと

朝日が隣のマンションの窓ガラスに反射して向かいの御家の窓に反射してウチのドアスコープにピンポイント。そして玄関の壁に虹ができた。キセキのようなウツクシイモノ。


by magata
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31